日本工芸会×飛鳥クルーズ 日本の至美と感動をつなぐ – 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)

ASUKA CRUISE

*

陶芸

前田 昭博

まえた あきひろ

人間国宝

重要無形文化財保持者
日本工芸会参与

1954年生

*

*

ステータス

重要無形文化財「白磁」保持者

私は、白磁しか制作しておりません。轆轤で立ち上げた後、指で押さえて面取を施し、完全に乾燥してから削っていく「面取技法」に特徴があります。制作環境と作品は自然とつながりがあるものだと思います。山陰に降る雪の白さ(少し暖かみを感じさせる白)をイメージしながら制作をしております。

 

~飛鳥クルーズのお客様へ~
この飛鳥Ⅱに乗船されて、日本の伝統工芸作品の魅力に気づかれたとすれば、これからの人生の楽しみが増えたことに繋がります。身近に工芸作品を置き、鑑賞あるいは手にとって使っていただくことで、心の豊かさや安らぎを感じていただければ幸いです。

*

*

経歴

1954

鳥取県に生まれる

1977

大阪芸術大学工芸学科陶芸専攻卒業

1979

第5回日本陶芸展初入選

1983

第30回日本伝統工芸展初入選

1991

第11回日本陶芸展毎日新聞社賞受賞

1994

第37回日本工芸会中国支部展金重陶陽賞受賞

1997

第10回MOA岡田茂吉賞展優秀賞受賞

1999

「日本の工芸<今>100選」展招待出品(パリ)、鳥取市文化賞受賞

2003

20回記念田部美術館大賞「茶の湯の造形展」大賞受賞

2004

日本陶磁協会賞受賞、第61回中国文化賞受賞

2007

紫綬褒章受章

2010

鳥取県文化功労賞 受賞

2013

重要無形文化財「白磁」の保持者に認定

2020

2019年度 日本陶磁協会賞金賞受賞

*

白瓷面取壺

白磁の魅力は、余分なものを削ぎ落として出来上がる造形の魅力だと思います。壺の造形的な魅力を感じとっていただければと思います。棚や床の間において鑑賞していただければと思います。また、たまにはお花を入れて楽しんでいただければ嬉しいです。

サイズ

巾 18.8cm、高 24.2cm

素材

磁器

技法

ろくろ成形・面取技法

展示場所

イー・スクエア(11デッキ)

取り扱い方法

水が付きますと滑りやすいため手にされる際はお気をつけください。

*

白瓷捻面取壺

白磁の魅力は、余分なものを削ぎ落として出来上がる造形の魅力だと思います。壺の造形的な魅力を感じとっていただければと思います。棚や床の間において鑑賞していただければと思います。また、たまにはお花を入れて楽しんでいただければ嬉しいです。

サイズ

巾 13.0cm、高 25.9cm

素材

磁器

技法

ろくろ成形・面取技法

展示場所

和洋スイート(10デッキ)

取り扱い方法

水が付きますと滑りやすいため手にされる際はお気をつけください。

*

白瓷捻面取盃

酒器に関しては、なるべく私らしい面取を施した作品を選びました。

サイズ

巾 6.3cm、高 5.2cm

素材

磁器

技法

ろくろ成形・面取技法

展示場所

アスカプラザ(5デッキ)

取り扱い方法

水が付きますと滑りやすいため手にされる際はお気をつけください。

*

白瓷捻面取盃

酒器に関しては、なるべく私らしい面取を施した作品を選びました。

サイズ

巾 7.8cm、高 3.8cm

素材

磁器

技法

ろくろ成形・面取技法

展示場所

ご成約済

取り扱い方法

水が付きますと滑りやすいため手にされる際はお気をつけください。

一覧に戻る

※掲載の作品は展示場所の変更ならびに展示終了となる場合があります。

PAGE TOP