日本工芸会×飛鳥クルーズ 日本の至美と感動をつなぐ – 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)

ASUKA CRUISE

*

染織

村上 良子

むらかみ りょうこ

人間国宝

重要無形文化財保持者
日本工芸会参与

1949年生

*

*

ステータス

重要無形文化財「紬織」保持者

通常は主に紬織着物を伝統の手織機で、植物染料を用いて制作しています。技法はテーマによって平織、絣織、綴織などです。発想からデザイン構成・制作、作業の全工程を自ら行っています。

 

~飛鳥クルーズのお客様へ~
慌しい生活の中に日本の美しい景色、緩やかな時間の流れを感じていただけたら幸いです。伝統から生まれる作品をご自由にお使いいただきたいです。

*

*

経歴

1949

秋田県横手市に生まれる

1977

重要無形文化財保持者志村ふくみ氏に師事

2002

第49回日本伝統工芸展 高松宮記念賞

2006

京都府指定無形文化財「紬織」の保持者に認定

2007

「日本のわざの美」展(ロンドン大英博物館)出品、紫綬褒章受章

2012

「近・現代工芸の精華」展(フィレンンェピンテイ宮殿)出品

2013

「現代の日本工芸」展(フロリダ森上美術館)出品

2016

重要無形文化財「紬織」の保持者に認定

2017

京都府文化功労賞

2020

旭日小綬章受章

*

天蚕糸仕覆(肩衝茶入形)

春の光、萌出づる自然生命への感動を心象風景として制作しています。
天蚕糸は日本原産の繭そのものが萌黄色の美しい絹糸で今日ではとても希少なものとなっています。素材そのものの美しさを感じ取っていただければと思います。

サイズ

高 15.0cm、幅 10.0cm

素材

天蚕糸

展示場所

右舷後方通路(6デッキ)

取り扱い方法

強い光に長時間さらすこと、強い摩擦はお控えください。

*

天蚕糸仕覆(丸壺茶入形)

春の光、萌出づる自然生命への感動を心象風景として制作しました。
天蚕糸は日本原産の繭そのものが萌黄色の美しい絹糸で今日ではとても希少なものとなっています。素材そのものの美しさを感じ取っていただければと思います。

サイズ

高 11.0cm、幅 8.5cm

素材

天蚕糸

展示場所

右舷後方通路(6デッキ)

取り扱い方法

強い光に長時間さらすこと、強い摩擦はお控えください。

一覧に戻る

※掲載の作品は展示場所の変更ならびに展示終了となる場合があります。

PAGE TOP