日本工芸会×飛鳥クルーズ 日本の至美と感動をつなぐ – 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)

ASUKA CRUISE

*

木竹工

村山 明

むらやま あきら

人間国宝

重要無形文化財保持者
日本工芸会参与

1944年生

*

*

ステータス

重要無形文化財「木工芸」保持者

私自身は木工芸の刳り物の技法で、保持者の認定を受けています。立体的な形態とは何かを工芸作品の中に表したいと考えています。

 

~飛鳥クルーズのお客様へ~
日本は、古くより木工の園として栄えてきました。本来の生活の内にはどれだけの木製品があるかわかりません。あまりに馴染んでしまうのでほとんど意識されないままで過ごしてきました。
今、木製品は特別なものとして扱われかけていますが、本来の意識できない物として、今形態とはどういう形なのかを表現してゆきたいと思います。

*

*

経歴

1944

兵庫県に生まれる

1966

京都市立美術大学卒業 黒田辰秋氏に師事

1970

第17回日本伝統工芸展・朝日新聞社賞受賞

1971

日本工芸会正会員

1996

京都府指定無形文化財「木工芸」の保持者に認定

2003

重要無形文化財「木工芸」の保持者に認定

2004

第22回京都府文化賞功労賞受賞

2005

紫綬褒章受章

2014

旭日小綬章受章

*

欅拭漆白檀重箱

日本古来の指物を知っていただきたいです。従来の指物は直角の構成ですが、この作品では上部が狭まっているためより安定した姿におさまっています。
重箱ですので本来は正月用のお料理を盛り付けるものですが、各段が豪華に仕上がっていますので上質な小物入れなどとしてご使用いただけるかと思います。

サイズ

28.4cm、18.2cm、19.5cm

素材

欅材、生漆、金箔

技法

指物、拭漆白檀塗

展示場所

ギャラクシーラウンジ前(6デッキ)

一覧に戻る

※掲載の作品は展示場所の変更ならびに展示終了となる場合があります。

PAGE TOP