日本工芸会×飛鳥クルーズ 日本の至美と感動をつなぐ – 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)

ASUKA CRUISE

*

木竹工

五十嵐 誠

いがらし まこと

日本工芸会正会員

1978年生

*

*

杢目と作家との一期一会で生まれるのが木工芸作品です。
何十年何百年かけて育ってきた樹木が材となり、長年の熟成(乾燥)期間を経て初めて制作に入ることができます。技巧を楽しむと共に、材の成長してきた時間にも思いを巡らせてご覧ください。

*

*

経歴

1978

東京都立川市に生まれる

2000

京都伝統工芸専門学校(現:京都伝統工芸大学校)卒業

2010

第6回「全国木のクラフトコンペ」特別賞

2012

第59回日本伝統工芸展 初入選 以後8回入選

2014

東京都福生市「アトリエノート」にて初個展

2015

東京都羽村市「生涯学習センターゆとろぎ」にて個展

2017

『木のものづくり探訪 関東の木工家20人の仕事』に掲載

2018

東京国立博物館 被災美術工芸修理委託事業 : 陸前高田市指定文化財 金銅装双塔文笈修理事業
木工部復元を渡辺晃男先生と共に担当(〜2021)

2018

武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 クラフトデザインコース 木工 特別講師(〜2020)

2019

博多阪急にて「工房今昔堂展 暮らしの中の指物」工房展

2020

日本橋三越本店にて須田賢司と5人の作家展

2021

第68回日本伝統工芸展新人賞受賞・日本橋三越本店にて「五十嵐誠 木工芸展」

2022

文化庁主催 『深める・拡げる-拡張する伝統工芸展』出品

*

タモ象嵌箱

指物(木工)作品で箱を作ることは基本とされています。内側がどうなっていて、何が入っているのかワクワクする。そんな風に思ってもらえるように作家は技巧を凝らして制作します。この作品は私の作品の中でも内箱の数が一番多く、船旅での色々な港の思い出をしまうことができるのではないかと思います。
私の作品のコンセプトは「そっとそばにいる」です。お使いになる方の傍で末永く使っていただければ幸いです。

サイズ

縦 22.2cm、横 22.2cm、高 15.2cm

素材

タモ、欅

技法

指物、木象嵌

展示場所

イー・スクエア(11デッキ)

取り扱い方法

木工作品は爪を立てる等でも傷になりやすいため取り扱いは優しくお願いいたします。イボタ蝋仕上げのためアルコール拭きはご遠慮ください。

一覧に戻る

※掲載の作品は展示場所の変更ならびに展示終了となる場合があります。

PAGE TOP