日本工芸会×飛鳥クルーズ 日本の至美と感動をつなぐ – 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)

ASUKA CRUISE

*

陶芸

伊藤 栄傑

いとう ひでたけ

日本工芸会正会員

1977年生

*

生まれ故郷から車で5分の場所にある、ユネスコに推薦書が提出された佐渡金山麓からとれる無名異土をベースに作陶しています。工業製品とは違い2つと同じものがない作品をご覧ください。

*

経歴

1977

5代伊藤赤水の長男として生まれる

2001

龍谷大学哲学科卒業

2005

日本伝統工芸展入選(以後入選13回)・伝統工芸新作展入(以後入選17回)(現東日本伝統工芸展)

2010

日本工芸会正会員になる

2013

日本陶芸展入選(以後入選4回)・新潟県伝統工芸展 正会員優賞・伝統工芸卓越した美と技展出品

2014

伝統工芸陶芸部会展 日本工芸会賞・新潟県伝統工芸展 審査員

2015

陶美展入選(以後入選5回)・日本工芸会東日本・東海選抜展出品・東海・甲信越のうつわ展出品

2016

陶美展選抜展出品

2019

陶美展選抜展出品・陶美展 奨励賞・新潟県伝統工芸展 奨励賞

2020

陶美展選抜展出品・新潟県伝統工芸展 審査員

2021

陶美展選抜展出品・伝統工芸陶芸部会展 日本工芸会賞

*

無名異縹釉鉢

縹釉と名付けたオリジナル釉薬を施釉し、シャープでありつつ重厚感があるという一見相反すると思われる性質を追求しました。青1色だけではなく紫口鉄足がアクセントになっている点をご覧ください。

サイズ

径 約17.0cm、高 約15.0cm

素材

無名異土

技法

ロクロ

展示場所

リドガーデン(11デッキ)

取り扱い方法

一般的な陶器と同じようにお使いください。使い手が貫入を育てます。

一覧に戻る

※掲載の作品は展示場所の変更ならびに展示終了となる場合があります。

PAGE TOP