日本工芸会×飛鳥クルーズ 日本の至美と感動をつなぐ – 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)

ASUKA CRUISE

*

諸工芸

氣賀澤 雅人

きがさわ まさと

日本工芸会正会員

1962年生

*

*

ガラス切子の技法は、200百年ほど前から日本で広まり、江戸切子・薩摩切子として現代に受け継がれて来ました。高速で回転する機械に、円盤状のダイヤモンドグラインダーを取り付け、ガラスに幾何学的模様などを彫刻(時には、塊から形を削り出すこともあります)した後、グラインダーを木製(桐)やフェルト制の物に替え削った面を研磨、鏡面に仕上げていきます。削って研磨された面に覗き見るガラスの中の不思議な世界、光の反射や映り込みと言ったガラス素材特有の魅力を意識し、作品制作しています。

*

*

経歴

1962

東京に生まれる

1984

東京ガラス工芸研究所研究科修了

1988

第35回日本伝統工芸展奨励賞受賞(以降連続入選)

2000

第40回伝統工芸新作展第40回記念賞受賞、第49回北区美術展北区美術会賞受賞

2003

第19回伝統工芸第七部会展朝日新聞社賞受賞

2015

第62回日本伝統工芸展奨励賞受賞

*

硝子切子鉢「翠泉」

サイズ

径 28.5cm、高 16.0cm

素材

ガラス

技法

切子

展示場所

リドガーデン(11デッキ)

*

金箔内被硝子切子花瓶

サイズ

径 14.0cm、高 20.0cm

素材

ガラス

技法

切子

展示場所

右舷後方通路(6デッキ)

一覧に戻る

※掲載の作品は展示場所の変更ならびに展示終了となる場合があります。

PAGE TOP