日本工芸会×飛鳥クルーズ 日本の至美と感動をつなぐ – 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)

ASUKA CRUISE

*

漆芸

田口 義明

たぐち よしあき

日本工芸会正会員

1958年生

*

*

貝の裏に彩色を行い、蒔絵との併用です。父、善国により螺鈿蒔絵の指導を受けました。貝と蒔絵の探求を一生していきたいと思っています。作品を観察するたびに新しい発見をお楽しみください。

*

*

経歴

1958

東京都に生まれる

1977

田口善国に蒔絵を師事

1978

増村益城に髪漆を師事

1985

第32回日本伝統工芸展初出品初入選

1989

第6回日本伝統漆芸展文化庁長官賞受賞

1993

第40回日本伝統工芸展日本工芸会奨励賞受賞(同97年)

1996

第43回日本伝統工芸展東京都知事賞受賞

2002

第13回MOA岡田茂吉賞優秀賞受賞

2008

紫綬褒章受賞

2017

所蔵作品展動物集合(国立工芸館)、漆芸~伝統と革新の美~(三島大社宝物館)、平成の至寶八十三選(薬師寺)

2018

現代漆芸展(オランダ)、URUSHI伝統と革新展(石川県立美術館 そごう美術館 MOA美術館)、ジャポニズム150年展(パリ)

*

彩貝蒔絵飾箱「華」

日本を代表する花の一つとして菊を題材に、華やかで明るい作品を心掛けて制作いたしました。香水または化粧品などが納められたらと思っています。

サイズ

奥行 11.0cm、幅 25.7cm、高 16.0cm

素材

麻布、漆、アワビ貝、金粉

技法

漆、乾漆技法、螺鈿技法、蒔絵技法

展示場所

イー・スクエア(11デッキ)

取り扱い方法

漆の作品は紫外線に弱いためお気をつけください。

一覧に戻る

※掲載の作品は展示場所の変更ならびに展示終了となる場合があります。

PAGE TOP