日本工芸会×飛鳥クルーズ 日本の至美と感動をつなぐ – 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)

ASUKA CRUISE

*

陶芸

中村 清吾

なかむら せいご

日本工芸会正会員

1975年生

*

*

日本磁土発祥の地有田で伝統的なロクロ技法を駆使して制作しております。工芸は自然との関りが深いものづくりです。私でいえば土。海を楽しみながらクルーズされている皆様の工芸的な旅の思い出のひとつとして携わることができましたら幸いでございます。

*

*

経歴

1975

佐賀県重要無形文化財陶芸白磁の保持者中村清六の孫として生まれる

1998

九州大学卒業後、清六窯にて修行

2002

佐賀美術協会展美協賞受賞・日本伝統工芸展入選

2004

ドイツ有田陶芸展出品 実績を評価され有田陶芸協会会員に認定される

2005

日本工芸会正会員に認定される

2011

佐賀銀行文化財団新人賞受賞

2013

九州山口陶磁展文部科学大臣賞受賞、東京国立近代美術館 工芸からKOUGEIへ出品、日本伝統工芸展東京都知事賞受賞

2017

佐賀県美術展覧会佐賀県知事賞受賞

2019

菊池ビエンナーレ大賞受賞

2020

佐賀新聞文化賞奨励賞受賞

2021

有田国際陶磁展文部科学大臣賞受賞

*

白磁香炉

白という単色の中に有機的な造形でロクロ成型と手仕事との関わりで生み出されるものを感じていただきたいです。香炉という題名通り 五感で楽しんでいただけたらと思います。

サイズ

横 16.0cm、奥 11.7cm、高 11.0cm

素材

磁土

技法

轆轤成型

展示場所

右舷後方通路(6デッキ)

一覧に戻る

※掲載の作品は展示場所の変更ならびに展示終了となる場合があります。

PAGE TOP