日本工芸会×飛鳥クルーズ 日本の至美と感動をつなぐ – 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)

ASUKA CRUISE

*

人形

中村 信喬

なかむら しんきょう

日本工芸会正会員

1957年生

*

*

400年続く博多人形の技法を通じて、中村家105年間代々人形技法を継承しています。特に私が得意とする技法は、陶彫彩色、螺鈿です。

 

~飛鳥クルーズのお客様へ~

日本の工芸作品を見て、そのルーツは世界中にあると思われるので、船に乗ってそのルーツを探る旅などをしても楽しいのではないでしょうか。

*

*

経歴

1957

福岡県に生まれる 福岡県、二代目人形父衍涯の長男

1997

第15回伝統工芸人形展文化庁長官賞受賞

1999

第46回日本伝統工芸展高松宮記念賞受賞

2006

福岡県文化賞(創造部門)

2011

ポーラ伝統文化財団優秀賞受賞

2014

福岡市文化賞受賞 日本橋三越個展

2018

日本橋三越特設画廊個展「TIME TRAVELER」

2019

ローマ教皇謁見、作品献上 「中浦ジュリアン」

2021

第68回日本伝統工芸展 奨励賞受賞

2022

福岡県無形文化財保持者認定

*

御所人形 宝船持ち

御所人形が丸々としていることは豊かさの象徴であり、宝船を持っています。幸福が船に乗って波のように来ることを願っています。胡粉を数十回塗り重ねて研ぎ出し美しい艶に仕上げています。

制作年

2020年

サイズ

幅 17.0cm、奥行 15.0cm、高 17.0cm

技法

陶彫彩色

展示場所

右舷後方通路(6デッキ)

取り扱い方法

必ず手袋を使って取り扱い、ほこりは筆などでとるようにしてください。

一覧に戻る

※掲載の作品は展示場所の変更ならびに展示終了となる場合があります。

PAGE TOP