日本工芸会×飛鳥クルーズ 日本の至美と感動をつなぐ – 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)

ASUKA CRUISE

*

金工

般若 保

はんにゃ たもつ

日本工芸会正会員

1941年生

*

*

異なる材料を交互に流し込んで、現代的で流麗な独特の文様を出させる吹分(ふきわけ)技法を得意とする。

*

*

経歴

1941

富山県高岡市に生まれる 宗勘、勘渓は兄

1959

父与吉の営む双型鋳造に従事

1969

鋳金家中村義一氏に双型、箆押し、挽き型、変形法を習う

1975

第5回伝統工芸日本金工展初入選

1977

第24回日本伝統工芸展文部大臣賞受賞(国立近代美術館蔵)

1983

第3回青年伝統工芸展最優秀賞通産大臣賞受賞

1992

第22回伝統工芸日本金工展東京都教育委員会賞受賞

1993

第40回日本伝統工芸展総裁賞受賞(高岡市美術館蔵)

1994

第3回香取正彦賞受賞

1995

宮内庁献上品「吹分花瓶」製作

1997

高岡市民文化賞受賞

2001

第31回伝統工芸日本金工展日本工芸会会長賞受賞

2004

伝産協会指定伝統工芸士に認定(双型鋳造部門)、高岡市伝統工芸産業保持者に認定(双型鋳造部門)

2009

第5回佐野ルネッサンス鋳金展 大賞受賞

2014

ニューヨークで開催された「とやま伝統工芸PR展示会」に参加

2015

高岡市民功労者表彰

2016

薬師寺奉納品「吹分大花入(一対)」製作・瑞宝単光章受章

*

吹分花器

吹分とは、異なった材質を別々の坩堝で同時に溶解し、それを一つの鋳型に同時、又は交互につぎ込み器物を作る技法です。この花器は黒色の黒味(くろみ)銅(どう)と結晶の出た梨地の黄銅(おうどう)を三回交互に鋳込んで制作しました。注ぎ込んだ2種の熔融金属が冷え固まるまでに互いに入り組み、混ざることで神秘的なグラデーション文様を表現できるのがこの技法の特徴です。また、その文様は、注ぎ込む勢いや金属の温度、鋳型の温度など様々な条件に左右されるので、同じ文様は二つと無い一品作となります。

サイズ

21.0cm、30.0cm、15.0cm

素材

黒味銅・黄道

技法

吹分鋳造

展示場所

右舷後方通路(6デッキ)

取り扱い方法

直射日光の当たらない場所に設置し、保管する場合は木箱に納めて湿気のない場所で保管してください。

一覧に戻る

※掲載の作品は展示場所の変更ならびに展示終了となる場合があります。

PAGE TOP