日本工芸会×飛鳥クルーズ 日本の至美と感動をつなぐ – 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)

ASUKA CRUISE

*

陶芸

望月 集

もちづき しゅう

日本工芸会正会員

1960年生

*

*

私は産地の育ちではなく、陶芸の世界には大学(芸術大学)で出会いその道に入った者です。なので、私の創り出す作品はどこの産地の特徴もありません。しかし、それだから何にとらわれる事もなく自由に様々な原料や技法を学び、自分の表現に合わせ素材や技法を考え選び制作し続けてきました。特に、赤や金などの色と艶の無い白い地肌の組み合わせは、表現したい世界の形や図案の中で私の気持ちに繋がる特徴的な作風となっています。

*

*

経歴

1960

東京都に生まれる

1984

東京藝術大学美術学部工芸科陶芸専攻卒業 / 東京・中野に陶芸工房一閑設立、築窯

1986

東京藝術大学大学院美術研究科修士課程陶芸専攻修了 / 同大学美術学部非常勤講師(93年度まで)

1994

独立 / 陶芸工房一閑にて作陶

1995

日本工芸会正会員に認定(2020年から理事)

2000

静岡・伊豆高原に第二工房設立、築窯

2010

伝統工芸陶芸部会展優秀賞「日本工芸会賞」受賞(15、18年にも)

2014

陶美展奨励賞受賞(15年にも)

2016

東日本伝統工芸展鑑査委員(20、21年には鑑審査委員)/ 伝統工芸陶芸部会展審査委員(22年には鑑審査委員)

2019

日本伝統工芸展最高賞「日本工芸会総裁賞」受賞

2021

日本伝統工芸展第一次鑑査委員

2022

陶美展優秀賞受賞

*

花文扁壺「椿」

ある年、椿をスケッチして帰った時、脳裏にはいろんな椿の花が楽しげに咲き開いている情景が浮かびました。この扁壺は、茎や葉を図案化する事はやめて、花のみだけを図案化し、全て違う花の文様を幾何学的に配置する事により、その楽しく咲き誇る雰囲気を表現しようと制作したものです。置かれる部屋空間が、この扁壺がある事で楽しい空気が流れだすと良いなぁ と、思っております。

サイズ

幅 31.0cm、奥行 19.3cm、高 20.0cm

展示場所

リドガーデン(11デッキ)

*

秋草図水指

季節が来ると桔梗や女郎花などの草花が咲き出します。「あぁこの季節がまた来たのだな」とスケッチしながら花と会話を始めます。この二つの花はそれぞれにとても特徴的な形をしています。魅力的な。その花を図案化しながら、この季節の空気が流れるといいな と、制作しました。

サイズ

径 12.2cm、高 22.5cm

展示場所

ご成約済

*

花文広口壺「椿」

花咲く季節に「今年も元気に咲いているね」と、一日中、花と会話しながらスケッチしていると、当たり前の事なのですが、陽の光の当たっていたところが影となり、影だったところに陽が射してと何故かその年はその現象がすごく気になりました。「そうか、そんな時の流れを表現できないかな」
…そうして思いついた表現方法が、白い葉と黒い葉。光の当たっている葉と影の葉…そんなネガポジを組み合わせた図案で表せられるかもしれないと制作してみました。作品1周をそんな気持ちでご覧いただけると嬉しいです。

サイズ

径 14.0cm、高 18.0cm

展示場所

ご成約済

一覧に戻る

※掲載の作品は展示場所の変更ならびに展示終了となる場合があります。

PAGE TOP