日本工芸会×飛鳥クルーズ 日本の至美と感動をつなぐ – 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)

ASUKA CRUISE

*

漆芸

藪内 江美

やぶうち えみ

日本工芸会正会員

1980年生

*

*

私は感動を受けた風景を作品のモチーフにしています。香川漆芸の蒟醬の特徴である色彩豊かな表現を用い、その時に感じた空気や光、風、音、匂いなど目には見えないものを作品に込めて制作しています。

*

*

経歴

2004

愛知教育大学教育学部生涯教育課程造形文化コース漆専攻卒業・卒業制作優秀賞受賞

2008

香川県漆芸研究所研究員課程修了

2013

第60回日本伝統工芸展朝日新聞社賞受賞

2014

第19回MOA岡田茂吉賞新人賞の部招待出品(MOA美術館)
平成25年度香川県文化芸術新人賞受賞

2016

香川漆芸美術展(香川県立ミュージアム)
国際現代漆アート展覧会(韓国)

2017

香川漆芸作家展(東京国際フォーラムアートショップ)

2018

URUSHI伝統と革新展(石川県立美術館、横浜そごう美術館、MOA美術館)

2019

アジア太平洋漆芸美術×地方創生シンポジウム参加(台湾)

2020

特別展「現代漆芸2020」(金沢市立安江金箔工芸館)

2021

特別展「表現する漆」(中村記念美術館)

2022

「工芸の美-金属と漆-展」(イセ株式会社)

*

乾漆蒟醬水指「春宵」

桜をモチーフにした作品です。蒟醬(きんま)という香川漆芸の技法を用いて表現しています。桜のシルエットを残して背景を彫り、彫った部分に青い色漆を20回以上埋めています。その色漆の層を研ぎ出して表れる複雑な斑文が蒟醬ならではの表現です。水指は茶道のお道具ですがそのことにこだわらず、飾ったり、器として使ったり、自由に愛でていただければと思います。

サイズ

径 17.2cm、高 19.3cm

素材

麻布

技法

蒟醬・乾漆

展示場所

右舷後方通路(6デッキ)

取り扱い方法

直射日光は避けてご使用ください。

一覧に戻る

※掲載の作品は展示場所の変更ならびに展示終了となる場合があります。

PAGE TOP