日本工芸会×飛鳥クルーズ 日本の至美と感動をつなぐ – 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)

ASUKA CRUISE

*

諸工芸

渡邊 明

わたなべ あきら

日本工芸会正会員

1959年生

*

*

複数の板ガラスの間に模様を刻んで、金やプラチナ、色ガラスなどを挟み込んで電気炉で融着し、形を削り出した後にていねいに磨きあげています。
工芸は、美術空間だけでなく、日常の空間の中にあってこそ多彩な魅力を発揮してくれます。鑑賞だけでなく、使う楽しみ、豊かさをぜひ味わってください。

*

*

経歴

1959

神戸市に生まれる

1984

京都大学卒業

1989

オーストリア・クラムザッハ ガラス工芸学校留学

1992

第39回 日本伝統工芸展 日本工芸会会長賞

1996

第25回 日本伝統工芸近畿展 近畿賞

2004

第51回 日本伝統工芸展 日本工芸会会長賞

2008

紫綬褒章受章

2009

京都府指定無形文化財保持者認定

現在

日本工芸会 理事

*

積層金彩琳風切子蓋物

透明なガラスならではの映り込みや、素材自体の中にも埋め込んだ模様を楽しんでいただきたいです。蓋をしても中が見えるのはガラスならでは。食べ物でもいいですし、ご自身のお気に入りのものを入れて、器と一体となった景色を楽しんでください。

サイズ

径 12.0cm、高 8.5cm

展示場所

スモーキングラウンジ(6デッキ)

一覧に戻る

※掲載の作品は展示場所の変更ならびに展示終了となる場合があります。

PAGE TOP