日本工芸会×飛鳥クルーズ 日本の至美と感動をつなぐ – 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)

ASUKA CRUISE

*

染織

土屋 順紀

つちや よしのり

人間国宝

重要無形文化財保持者
日本工芸会参与

1954年生

*

*

ステータス

重要無形文化財「紋紗」保持者

紋紗とは、紗織(透ける)と平織(透けない)とで構成された文様のある織物です。そこへぼかしの経絣を組み合わせて独自の作風となっています。岐阜県関市という山と川、自然豊かな処に生まれ育ち生活していますのでどうしても青々とした山や清流をイメージすることが多くございます。

 

~飛鳥クルーズのお客様へ~
かつての日本人がそうであったように、工芸作品が生活の中に自然にあってほしいと願います。

*

*

経歴

1954

岐阜県関市に生まれる

1978

京都インターナショナル美術専門学校卒業、志村ふくみ氏(人間国宝)に師事

1996

第43回日本伝統工芸展にて日本工芸会総裁賞、北村武資氏(人間国宝)に師事

2006

第53回日本伝統工芸展にて文部科学大臣賞

2009

紫綬褒章受章

2010

重要無形文化財「紋紗」の保持者に認定

2011

「土屋順紀 紋紗 ― 美濃を織る」展(関市立篠田桃紅美術空間)

2013

「工芸からKOGEIへ」展(東京国立近代美術館)

2014

「人間国宝展」(東京国立博物館 平成館)

*

紋紗裂地「藻流」

自然の美しさ安らぎを感じていただきたく思います。清らかな流れの中でたゆたう水草を表現しました。和風にも洋風にも自由にかけて楽しんでいただきたく思います。

サイズ

(額装)縦 71.3cm、 横 33.2cm、 奥行 3.0cm

素材

生絹

技法

紋紗、経絣

展示場所

和室・游仙(11デッキ)

取り扱い方法

染料は全て植物染料です。植物染料の特徴として時間と共に移ろってゆくこともありますが美しい色です。同じ条件にさらされることはお勧めできませんので、1,2年の単位で展示替えしていただくことをお勧めします。

一覧に戻る

※掲載の作品は展示場所の変更ならびに展示終了となる場合があります。

PAGE TOP