日本工芸会×飛鳥クルーズ 日本の至美と感動をつなぐ – 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)

ASUKA CRUISE

*

金工

北村 眞一

きたむら しんいち

日本工芸会正会員

1945年生

*

*

蝋型鋳造などの一品制作から記念品など大量生産物、門扉、フェンスなど建築金具、硝子など、大きなものから小さなものまで何でも作る作家です。日常生活に工芸作品をもっと自然に取り込んでいただき、楽しい、面白い生活をしていただければと思います。

*

*

経歴

1945

東京に生まれる 祖父、父ともに鋳金工芸作家

1968

武蔵野美術大学短工卒業

1971

日本伝統工芸展初出品初入選 以後毎年出品

1973

金工五人展鞴の会結成

1975

社団法人日本工芸会正会員となる

1976

現代鋳金工芸展七十周年記念展受賞

1980

伝統工芸日本金工新作展で日本工芸会賞受賞

1981

東宮家(今上天皇皇后両陛下)御買い上げになる

1982

現代鋳金工芸展受賞・伝統工芸日本金工展で文化庁長官賞受賞・帝国ホテルに作品展示場常設(本館二階)

1985

伝統工芸新作展奨励賞受賞

1986

現代鋳金工芸展八十周年記念展で最優秀賞受賞

1989

渋谷区、松村幼稚園ホールステンドグラス制作・相澤美術館ブロンズ扉制作

1990

伝統工芸日本金工展香取賞受賞

1997

モナコ公国ジャパンフェスティバル招待出品・金沢工芸大賞招待出品

2000

伝統工芸日本金工展日本工芸会賞受賞

2004

現代の「日本の金工」展出品(コペンハーゲン)

2010

第五十周年記念シンポジウム「伝統文化とは…」プロデュース

2015

MOA美術館「尾形光琳三百年忌記念特別展」に出品

*

蝋型鋳金 吹き込み硝子 花器

波間にキラリと光るものを表現しています。大胆に花をいけていただきたいと思います。

サイズ

径 11.5cm、高 28.0cm

素材

ステンレス ソーダ硝子

技法

蝋型鋳造

展示場所

作品の展示は終了しております。

取り扱い方法

湿気を避けてご利用ください。

一覧に戻る

※掲載の作品は展示場所の変更ならびに展示終了となる場合があります。

PAGE TOP