日本工芸会×飛鳥クルーズ 日本の至美と感動をつなぐ – 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)

ASUKA CRUISE

*

金工

鈴木 盛久

すずき もりひさ

日本工芸会正会員

1946年生

*

*

鈴木家は南部鉄器の老舗として良質な鉄器製品を作り続け、現在は十五代盛久が鈴木盛久工房当主を務め、南部特有の伝統技法をもって、茶釜、鉄瓶、その他の鉄器の制作しております。

*

*

経歴

1946

東京藝術大学教授 鈴木貫爾(14代盛久)の長女として誕生

1967

武蔵野美術短期大学工芸工業デザイン科卒業

1987

鈴木盛久工房で鋳金工芸を始める

1989

盛岡市制施行百周年市民大茶会盛岡茶道工芸展盛岡市長賞受賞

1990

第1回淡交ビエンナーレ鵬雲斎千宗室家元奨励賞受賞

1990

岩手工芸美術協会展工芸大賞受賞

1991

第15回全国伝統的工芸品展内閣総理大臣賞受賞

1993

第40回日本伝統工芸展正会員認定

1994

第24回伝統工芸日本金工展工芸会賞受賞

1998

第38回伝統工芸新作展川徳賞受賞

2005

第45回伝統工芸新作展山種美術館賞・河北新報社賞受賞

2008

第37回日本金工展朝日新聞社賞受賞

2008

第55回日本伝統工芸展高松宮記念賞受賞

2012

第41回伝統工芸日本金工展文化庁官賞受賞

2019

第59回東日本伝統工芸展東京都知事賞受賞

*

よろけ文鶴首釜

着物の文様にある「よろけ縞」の曲線の面白さを表現しました。茶の湯釜の形としては古くから親しまれた形であり、茶道以外の場所でも置物として、又、落としを入れて花器としても楽しんでいただけます。

サイズ

19.5cm、20.0cm

素材

技法

鋳金

展示場所

右舷後方通路(6デッキ)

取り扱い方法

水の捨て忘れと空焚きは錆の原因となるほか、油が付くとシミになるため素手で触る際は注意が必要です。

一覧に戻る

※掲載の作品は展示場所の変更ならびに展示終了となる場合があります。

PAGE TOP