日本工芸会×飛鳥クルーズ 日本の至美と感動をつなぐ – 伝えたい感動がある 飛鳥クルーズ(世界一周クルーズ他)

ASUKA CRUISE

*

陶芸

中田 一於

なかだ かずお

日本工芸会正会員

1949年生

*

*

日本の春というイメージで桜文のこの作品を飛鳥クルーズに選びました。銀箔を桜の文様に切って張り付け、その上に釉薬を施して焼成した釉裏銀彩の作品です。

*

*

経歴

1949

石川県小松市に生まれる

1978

日本伝統工芸展入選(以後三十八回)

1982

日本伝統工芸展日本工芸会奨励賞受賞

1983

「伝統工芸三十年の歩み」展、選抜出品

1990

日本伝統工芸展、文部大臣賞受賞・文化庁買上げ

1993

「釉裏銀彩壷」ワシントン・スミソニアン機構サックラー美術館の永久保存作品に選ばれる

1996

国際文化協会主催 現代日本陶磁の秀作アジア展巡回選抜出品

2001

伝統九谷焼工芸展大賞受賞・県立美術館買上げ

2002

石川県指定無形文化財、九谷焼技術保存会会員に認定・日本伝統工芸展特待者出品、(以後15回)

2003

日本伝統工芸展50周年記念展「わざの美」選抜出品

2010

日本伝統工芸展、日本工芸会保持者賞受賞・北國文化賞受賞

2011

紫綬褒章受章、石川テレビ賞受賞

2012

小松市文化賞受賞

2013

日本伝統工芸展60回記念「工芸からKOGEIへ」選抜出品

2015

第三五回伝統文化ポーラ賞、優秀賞受賞・日本陶芸展招待出品

2019

旭日小綬章受章

2020

東京国立博物館 表慶館「工藝2020 自然と美のかたち」選抜出品

2022

「未来へつなぐ陶芸 伝統工芸のチカラ展」(パナソニック汐留美術館 他7会場巡回)

*

墨地紫苑釉裏銀彩桜文花器

墨地のボディーに紫苑釉を施して、華やかではなく少し落ち着いた淡墨桜をイメージした作品に創りました。花を活けても花器のみを飾っていただいても、どちらでも楽しんでいただけると思います。

サイズ

径 30.5cm、高 23.0cm

素材

色絵磁器

技法

釉裏銀彩

展示場所

イー・スクエア(11デッキ)

一覧に戻る

※掲載の作品は展示場所の変更ならびに展示終了となる場合があります。

PAGE TOP